宝永餃子とは?

What is HoueiGyouza

宝永餃子の皮

宝永餃子で使われている皮は、オリジナルブレンドの小麦を使用しています。

もちもち感を重視して造られており、焼き餃子の時にはパリッとした食感と、もちもち食感がバランス良く楽しめます。

厚めの皮ゆえ、水餃子にしても煮崩れする事なく、もちもちの食感が保ちます。

宝永餃子の具材(餡)

宝永餃子(スタンダード)の餡は、北海道産の豚肉と鶏肉、キャベツ、ニラ、生姜、ニンニクと王道の具材を採用しております。

餃子ひとつで、あらゆる栄養バランスが取れる完全食です。

宝永マイルド餃子は、スタンダード餃子の具材からニンニクを抜き、お肉と野菜の分量を変化させ一味加えた事でニンニクが入ってなくても濃厚な味わいはそのままでも野菜の旨みをより感じられる新しい味わいを実現しました。

宝永チーズ餃子は、お肉と野菜とチーズの融合させるのに、素材の配合には1番苦労しました。
ニラを抜き、2種類のチーズを使うことで宝永餃子の味わいとチーズのコクを出すことに成功しました。
宝永餃子を濃厚さを保ちつつ、チーズの美味しさも味わえる1粒で2度美味しい餃子です。

宝永手羽餃子は北海道産の鶏の手羽先を使用しております。
製造で1番手間がかかる商品で手羽先の小骨を抜き取りきれいに洗浄し手作業で宝永の餡をを詰め込んでおります。

宝永餃子は手づくりが基本

美味しいものを作るとき、やはり手づくりは一味違うなと思いませんか?
宝永の餃子は創業から一貫して同じレシピと手造りにこだわっております。

機械に比べ、生産性はかなり下がりますが、餃子の餡を包むときの微妙な感覚は決して機械では出せない美味しさがあります。

手間はかかりますが、その分美味しく出来上がります。

苫小牧工場のこだわり

苫小牧工場は敷地面積が狭いため、素材のストックができません。

そのため製造のたびに素材を仕入れているため常に新鮮な素材で製造ができております。

しかし作り置きができない事から大量のご注文には対応できません。
当店はそれでいいと思っております。

冷凍食品といえど鮮度は重要だと思っており賞味期限もあえて90日間と設定しております。

少量生産ですが、安全第一で製造する事で良い製品ができ、お客様に選んで下さっていると思っております。

ぎょうざの宝永 苫小牧工場 製造商品

宝永餃子(スタンダード)

北海道の素材をふんだんに使い、もちもち皮に濃厚な味わいに仕上げた北海道ならではの餃子です。

宝永マイルド餃子(ニンニク不使用)

宝永の濃厚な味わいそのままで、ニンニク抜きを実現しました。一味加えた事で野菜の旨み溢れる新しい餃子ができました。

宝永チーズ餃子

宝永の濃厚な味わいに2種類のチーズをたっぷりと使用して両方の美味しさが味わえる餃子です。

宝永手羽餃子

北海道産の鶏の手羽先に宝永秘伝の餡をたっぷり詰め込みました。皮で包む餃子とは別の美味しさが特徴です。

宝永こだわりのたれ

個性ある、宝永餃子に合うタレの開発中にレモン果汁がよく合う事を発見し、改良を加えた専用のたれです。