宝永の歩み

History

宝永ぎょうざの始まり

今から数十年前、北海道帯広市のとなり町にあります音更町に女将さんが営む食堂がありました。

その食堂のメニューのラーメンを、もっと沢山のお客様へとの想いから餃子をサービスで付けることを決めました。

ところが、その餃子が美味しいと評判となり食堂のお客様が徐々に増えてきました。

次第に餃子が口コミとなり、多くのお客様の声により餃子専門店として始まりました。

苫小牧工場のスタート

2003年当時、居住していた北海道苫小牧市にて宝永餃子を造った女将さんの、お姉さんとその家族でレシピを受け継ぎ本格的に開業しました。

小さな工場ですが、レシピを忠実に守り、現在もフル稼働で製造しております。

苫小牧工場限定オリジナル商品の開発

長く商売をしておりますとお客様から、色々なご要望を頂くようになりました。
その中でも1番多いのは、「ほかの種類は無いの?」というものでした。

しかし何でも出せば良いというわけではなく、本当に美味しく、多くのお客様が喜んで頂ける味になっているか重要でした。

女将さんの味を感じながらも、新しい美味しさを求めて開発したのが、宝永チーズ餃子、宝永マイルド餃子、宝永手羽餃子です。

商品化まで、長い時間をかけ何度も改良を重ね完成した苫小牧工場オリジナル商品です。

苫小牧工場のポリシー

使用する素材は国産にこだわり質の良い製品づくりを続けてまいります。

真心を込めてひとつひとつ手造りにこだわり製造してまいります。

食の安全を大切に考え丁寧な製造を心がけます。